勉強風景と家

ビジネスマナー

メールの要件がわかりやすくまとまっているか

日本の人は礼儀や挨拶などをメールでも気にします。英文メールでももちろん無礼なのはもってのほかですが、極端な話きちんと要件が伝われば英語が下手でも問題ありません。相手を気遣っていたとしてもダラダラ意味のない話をしたりせず、伝えたいことを簡単にまとめて送るのがビジネス英語のメールの基本です。伝えたい内容以外のことを書くと求めていた答えが返ってこない場合もありますしなれない英語だからこそ無駄を省いて伝えたいことだけ書くようにしましょう。ただ、もちろん英文でも礼儀というものがありますから、最低限のマナーは身につけておくことも大切です。それよりも大切なのは要件を相手に的確に伝えるということを忘れてはいけません。

ビジネス英語のマナー

ビジネス英語を使ったメールにもマナーはあります。まず、日本と同じですが誤字脱字があってはいけません。特に相手の名前は英語だと間違えやすいですが、あくまでビジネスメールなので気をつけるべきです。また、挨拶と締めは行うことも日本語と同じですビジネス英語でも決まった言葉がいくつかありますのでオンラインの例文などを確認しながらフォーマットを作っておくと良いのではないでしょうか。ビジネス英語の場合でも日本語と同じで英語が不慣れなのと無礼なのではすぐ見分けがつきます。日本語でもビジネスメールに慣れていないのと無礼なのは違いが分かるように、最低限相手に不快な思いをさせないようにきちんと英語でもビジネスマナーを身につけておきたいものです。